中部女子硬式野球連盟が発足、10チームで「センターリーグ」開催へ

9日に発足した「中部女子硬式野球連盟」のロゴ
9日に発足した「中部女子硬式野球連盟」のロゴ

 中部地区の女子野球の発展と振興を目的にした「中部女子硬式野球連盟」が9日、発足した。地区ごとの女子硬式野球連盟は、関東、関西に続き全国で3番目となる。

 中部地区は2005年に至学館大(愛知)が女子硬式野球部を創部、同大のほか5つの高校、4つのクラブチームが活動している。19年まで全国大学女子硬式野球選手権の舞台になっていたほか、女子プロ野球も18、19年に愛知ディオーネが本拠地(愛知県一宮市)にしていた。

 会長は至学館高の鈴木雄太監督が務める。「日本全国、どの地域でも女子野球選手が野球を通じて成長する喜び、目標に向かって頑張ることの大切さを知る、経験出来る舞台を創ってあげられるよう精進して参ります」とコメント。10チームによる地域大会「センターリーグ」を開催していくとしている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請