【大学野球】中大・皆川喬涼がリーグ戦初完投初完封「大学に来て一番良かった」

◆東都大学野球春季リーグ戦第2週第2日▽中大6―0亜大(9日・神宮)

 中大の皆川喬涼(きょうすけ)投手(4年=前橋育英)が、リーグ戦初完投を完封で飾り、チームを開幕4連勝に導いた。

 140キロ前半の切れのある直球にカーブ、スライダーで緩急をつけて被安打5、奪三振9、与四球2。制球の良さも光った。

 「大学に来て一番良かった。今まで全然勝てていないので(通算2勝8敗)、その悔しさを持ってやってた」と皆川。オフは積極的にランニングやウェートのトレーニングに取り組み、成果について「真っすぐのコントロールが良くなり、全部のボールで勝負出来るようになった」と話した。

 前橋育英では3度甲子園に出場。当時から注目される存在だったが、「高校の時から完投も完封も記憶にありません」と皆川。壁を乗り越えてのシャットアウト劇に、清水達也監督(56)は「最上級生の自覚でしょう」と言って目を細めていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請