茂木健一郎氏、「クロ現」終了報道に「NHKの良心とでも言うべき存在なので、事実だとしたら残念です」

茂木健一郎氏
茂木健一郎氏

 脳科学者の茂木健一郎氏(58)が9日、自身のツイッターを更新。一部で報じられたNHKの看板報道番組「クローズアップ現代+」(火、水、木曜・午後10時)の終了説に私見を述べた。

 この日、「クローズアップ現代+」今年度(21年度)で終了。NHKが4月から別の番組を放送する準備に入ったという一部記事を貼り付けた茂木氏。

 「クローズアップ現代(1993年放送開始)は、時事問題を扱う番組としてはNHKの良心とでも言うべき存在なので、事実だとしたら残念です」とつづると、「似たような位置づけのBBCのPanoramaは、1953年に放送が始まり、今も続いています」と続けていた。

 NHKは「2021年4月9日、一部ネットメディアで、NHKが『クローズアップ現代+』の終了を決定したとする記事が掲載されましたが、まったくの事実無根であり大変遺憾です」と完全否定。「執筆者に対し抗議するとともに、記事の削除を求めてまいります」と表明した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請