ラグビー・ヤマハ発動機の平川隼也が、堀江翔太との勝負に気合…10日パナソニック戦

実戦練習で相手の突進を止めに行く平川隼也(中央)
実戦練習で相手の突進を止めに行く平川隼也(中央)

 ラグビートップリーグ・ヤマハ発動機は10日のリーグ最終節でパナソニックと対戦(正午、熊谷)する。メンバーが8日発表され、フッカー平川隼也(24)が2戦連続で先発入りした。

 パナソニックは今季負けなしの5勝1分け。スクラムの第1列は19年W杯日本代表の堀江翔太(35)とヴァルアサエリ愛(31)。165センチ、98キロと小柄な平川だが「堀江さんを押せたら自信になる。勝負したい」と気合を入れた。

 ラグビーは小3からだが、小学校に入る前から総合格闘技を習ってきた。世界で戦う強豪を輩出する和術慧舟會の本部道場(長崎市)で黒帯を取得し、県大会では毎年のように優勝。得意技は後ろ回し蹴り。長崎北陽台高1年時に、迷った末にラグビーに絞ったが「1対1で戦う気持ちの強さが生きています。格闘技の試合の方が緊張します」。

 密集状態で下敷きになっても、ケガを防ぐように自然と体が動くという。「身のこなしが違う。ファイターですよ」と堀川隆延監督(47)。順位が確定し、プレーオフ・トーナメントの組み合わせも決まる大事な一戦。「FW戦で圧倒したい」と平川は目を輝かせた。(里見 祐司)

 〇…パナソニックは稲垣啓太(30)、松田力也(26)、福岡堅樹(28)ら日本代表がリザーブに入る豪華布陣。19年W杯で“共闘”したヘル・ウヴェ(30)は「個人として対戦は楽しみ。チームとしてチャレンジしたい」と白い歯を見せた。負傷欠場の大戸に代わり、ゲーム主将を務める。FB五郎丸歩(35)も「堀江は同期だし、4月から大学に行く福岡選手とやれるのも光栄」。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請