丸川珠代五輪相 東京五輪パラ代表選手へのワクチン優先接種「まったく検討していない」

丸川珠代五輪相(ロイター)
丸川珠代五輪相(ロイター)

 丸川珠代五輪相(50)は9日、閣議後に会見。東京五輪・パラリンピックの日本代表選手に新型コロナワクチンの優先接種を行うことについて「まったく検討していない」と否定。「今後、IOC(国際オリンピック委員会)と組織委員会の話し合いで変わるかもしれないが、今のところワクチンを前提としない大会で準備をしている」と強調した。

 また、大阪府の聖火リレーが万博記念公園内のみでの実施となったことについて「大阪府の吉村(洋文)知事ともお話しさせて頂き、安心、安全を第一に考え、ランナーにも配慮されていると言うことで決断を支持したい」と表明。まん延防止等重点措置が発出される見込みの沖縄県も5月1、2日にリレーが実施される予定で「知事も考えられていると思いますが、まずは県の実行委員会と組織委員会でご検討いただきたい」と述べた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請