松山英樹が2番で初バーディー マスターズが有観客で開幕

松山英樹(ロイター)
松山英樹(ロイター)

◆米男子プロゴルフツアー メジャー21年初戦マスターズ第1日(8日、米ジョージア州オーガスタナショナルGC=7475ヤード、パー72)

 メジャー21年初戦がコロナ禍で制限付きだが、2年ぶりに有観客で開幕した。8年連続10度目出場の松山英樹(29)=LEXUS=は現地時間午前9時48分(日本時間午後10時48分)にハリス・イングリッシュ(米国)、アブラハム・アンサー(メキシコ)と同組で1番からティーオフ。1番パー4でパー発進を切ると、続く2番パー5(575ヤード)。3打目でグリーンを捉えると、約3メートルのパットを冷静に決めきり、初バーディーを奪った。

 過去9度のうち、19年までと異なるのは昨年に続いて前週にツアー出場し、今年はマスターズで3連戦となった。10度目の出場でコースを熟知している上、疲労を考慮してか、開幕前日の7日は練習ラウンドを行わず、練習場にとどまって最終調整をして備えた。

 マスターズは「一番勝ちたいメジャー」と公言する特別な舞台。初出場した11年に27位で日本人初のローアマチュアに輝いた。プロ転向後も15年5位、16年7位など優勝争いも演じてきた。大会前には「いいことも、悪いことも、このコースではいっぱい経験してきました。本当に今年はいいプレーができるように頑張りたい」と、10度目の夢舞台に向けて意気込みを語っていた。

マスターズの模様は連日TBS系列で生中継!詳しくはこちら

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請