Hey!Say!JUMP有岡大貴、主演舞台で企画・プロデュースと3役挑戦

舞台の企画・プロデュースに挑戦するHey!Say!JUMPの有岡大貴
舞台の企画・プロデュースに挑戦するHey!Say!JUMPの有岡大貴

 Hey!Say!JUMPの有岡大貴(29)が、舞台「ナゾドキシアター『アシタを忘れないで』」(7月12日~8月8日=東京グローブ座、同11~15日=大阪・梅田芸術劇場)で企画・プロデュース・主演の3役に挑戦することが8日、発表された。企画を手掛けることを含め、単独での舞台主演も今作が初となる。

 「グローブ座で何かやってみませんか?」―。この一言から舞台の企画が始まったという。有岡が発案したのは、ファン参加型の舞台。スマートフォンやタブレットなどを使って物語の中にちりばめられた謎を解き、有岡を助けていくという新感覚の作品。「キングオブコント」王者(13年)のお笑いコンビ「かもめんたる」の岩崎う大(42)が脚本を手掛ける。

 有岡は「『こんなことができたらいいな』という思いが僕自身の想像を超えて形になる予感がしています」と今から手応えは十分の様子。有岡のほかジャニーズJr.の大東立樹(16)、羽村仁成(13)らが出演。演出は日本テレビ系「有吉ゼミ」などを手掛ける橋本和明氏、謎解きの題材はクリエイター集団「RIDDLER」を率いる松丸亮吾が担当する。

 有岡は主演舞台上演前の今月26日からは、単独として初の連続ドラマ主演となる日本テレビ「シンドラ」枠の新ドラマ「探偵☆星鴨(ほしかも)」(月曜・深夜0時59分)の放送がスタートする。単独での主演作が続き、充実の時を迎えている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請