桜井ユキ「年下とラブラブするんだ!」 ドラマ「リコハイ!」主演、エロキュンラブストーリー挑戦

「リコハイ!」でエロキュンラブストーリーに挑む桜井ユキ(カメラ・矢口 亨)
「リコハイ!」でエロキュンラブストーリーに挑む桜井ユキ(カメラ・矢口 亨)
桜井と黒羽麻璃央が恋愛に落ちる「リコハイ!」
桜井と黒羽麻璃央が恋愛に落ちる「リコハイ!」
桜井と黒羽麻璃央が恋愛に落ちる「リコハイ!」
桜井と黒羽麻璃央が恋愛に落ちる「リコハイ!」

 女優の桜井ユキ(34)が、動画配信サービス・Paravi連続ドラマ「リコハイ!」(16日配信開始)に主演し、ちょっぴりエッチで危険なエロキュンラブストーリーに挑戦することが8日、分かった。

 TBS系「リコカツ」(北川景子主演、金曜・後10時)のオリジナルストーリーで、咲(北川)と紘一(永山瑛太)が暮らすマンションの1つ上の部屋が舞台。本編の新婚夫婦が「リコカツ(=離婚活動)」する裏で繰り広げられる、もう1つの離婚から始まる物語を描く。

 演じるのは建築会社を辞め、不妊治療のため専業主婦となった34歳の希恵役。離婚届を置いて音信不通になった夫を探し、夫の不倫相手の部屋を突き止めるが、そこにいたのは不倫相手の「彼氏」を名乗る年下イケメン・健太(黒羽麻璃央)。不倫され、捨てられた者同士。離婚ハイ状態(=リコハイ)の希恵は、健太と奇妙な同居生活を始める。

 桜井は「年下とラブラブするんだ!というのが最初の感想です」と照れ笑い。「この歳(とし)になると、(そういう機会は)なかなかない。『ザッツ恋愛します!』という作品はあまりなかったので」と喜んだ。

 勤勉で貞操観念が高く、真面目にコツコツと生きてきた希恵について「不器用だけど、愛すべきキャラクター」とニッコリ。「気が強くてピリッとした部分もあるけど、誰よりも繊細。年下の健太といることで、その部分が感化されていく過程もかわいらしいなって。台本を読んで希恵を好きになっていきました」

 プロデューサーの要望に応じてモノマネを披露するなど、コメディー要素を含んだ作品。クールビューティーなイメージを覆す新境地に「今まで喜怒哀楽を抑えた役が多かっただけに、心地が良かった。(撮影の)日々が新鮮で楽しかったです。意外と素養があって、自分の中でも新しい発見があった。今後、お芝居をやるにあたって幅が広がった気がする」と充実感。「まだまだ(新たなジャンルを)掘っていいんだ、掘っていけるんだという考えにもなれた。30代半ばでこういう経験をさせてもらえたことが、すごく大きかったです」

 劇中で年下男性との恋愛を“満喫”。「ステキな時間でしたね(笑い)。年下や年齢は(恋愛に)関係ないんだなって感じることができました」と話した。

 ◆桜井 ユキ(さくらい・ゆき)1987年2月10日、福岡県出身。34歳。2011年に舞台女優として活動開始。19年連ドラ初主演作のNHK「だから私は推しました」で放送文化基金賞演技賞。月9ドラマ「イチケイのカラス」に出演中。出演作にドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」、映画「マチネの終わりに」。サントリー「ジャパニーズジン 翠(SUI)」のCMに出演。趣味は読書、一人旅。特技はサックス、ピアノ。163センチ。

「リコハイ!」でエロキュンラブストーリーに挑む桜井ユキ(カメラ・矢口 亨)
桜井と黒羽麻璃央が恋愛に落ちる「リコハイ!」
桜井と黒羽麻璃央が恋愛に落ちる「リコハイ!」
すべての写真を見る 3枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請