池江璃花子の小学生時代「弱音を吐くのを見たことがありません」…先輩・古瀬佳奈さんが語る

リレー代表に内定した(左から)2位の酒井夏海、優勝の池江璃花子、3位の五十嵐千尋(カメラ・竜田 卓)
リレー代表に内定した(左から)2位の酒井夏海、優勝の池江璃花子、3位の五十嵐千尋(カメラ・竜田 卓)
優勝しリレー代表に内定、4位の大本里佳と抱き合って喜ぶ池江璃花子(左)(カメラ・竜田 卓)
優勝しリレー代表に内定、4位の大本里佳と抱き合って喜ぶ池江璃花子(左)(カメラ・竜田 卓)

◆競泳 日本選手権兼東京五輪代表選考会 第6日(8日、東京アクアティクスセンター)

 池江が小学生時代に通った東京ドルフィンクラブのチームメートで現在、同クラブ職員の古瀬佳奈さん(22)が、かわいい後輩への思いを語った。

 初めて会ったときは私が小学2年で、璃花子が小学校に入学する前。グイグイ話しかけてきて距離を詰めてくるのは、昔も今も変わりません。

 泳ぐ才能もですが、度胸がすごいです。ちょっと負けただけでもフン、みたいにしていたし、コーチに怒られてもフンって感じで。私はコーチが怖かったので「すごいメンタル持ってるな」って思っていました。

 病気は、え? まさか?という感じでした。璃花子が小さい頃から弱音を吐くのを見たことがありません。勝手に強いと思っていたので、SNSを見ているだけでつらいものがありました。クラブの皆で贈った寄せ書きには、笑顔が見たい、またご飯でも行こう、というようなことを書きました。

 退院して、クラブのコーチやみんなでご飯に行くとき「落ち込んでいたら、どうしよう。あのままの璃花子なのかな?」って思っていて。そしたら、会った瞬間から「あー、久しぶり! なんか小さいね、また小さくなった?」っていじられました。全然大丈夫だって安心しました。

 私もバタフライをしていましたが、1年ブランクがあって、あそこまで戻してくることはあり得ない。今も見えない重圧が、たぶんいっぱいあるでしょう。とにかく抱え込まないでほしい。金メダルとかではなく、活躍しているのを見るのが楽しいんです。ひたすら笑顔で泳いでいてくれればいいな。

リレー代表に内定した(左から)2位の酒井夏海、優勝の池江璃花子、3位の五十嵐千尋(カメラ・竜田 卓)
優勝しリレー代表に内定、4位の大本里佳と抱き合って喜ぶ池江璃花子(左)(カメラ・竜田 卓)
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請