瀬戸大也 萩野をゴール前逆転V「公介とレースするのは楽しい」200メートル個人メドレー

五輪代表に内定し瀬戸大也と笑顔で健闘をたたえ合う萩野公介(左)(カメラ・竜田 卓)
五輪代表に内定し瀬戸大也と笑顔で健闘をたたえ合う萩野公介(左)(カメラ・竜田 卓)

◆競泳 日本選手権兼東京五輪代表選考会 第6日(8日、東京アクアティクスセンター)

 すでに五輪代表に決定している瀬戸大也(26)=TEAM DAIYA=が萩野とのデッドヒートを制し、優勝。3種目目の得意の平泳ぎまで萩野に先行されるも、ラストの自由形で猛追し、ゴール手前で逆転。「やっぱり公介とレースするのは楽しいですし、刺激にもなる。(五輪でも)2人でいいレースしたい」と白い歯を輝かせた。

 16年リオ五輪では400メートル個人メドレーで萩野が金、瀬戸が銅でダブル表彰台だったが、東京五輪は200メートル個人メドレーで悲願のワンツーフィニッシュを狙う。「心強い仲間と一緒に勝負できる。公介も金メダルを目指してやってくると思う。(でも優勝は)もちろん、譲らない」と最高のライバルとともに、ここからギアを上げていく。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請