萩野公介 休養中にドイツに捨てた「嫌な自分」 試練乗り越え個人でも五輪切符…200メートル個人メドレー

五輪代表に内定し瀬戸大也と笑顔で健闘をたたえ合う萩野公介(左)(カメラ・竜田 卓)
五輪代表に内定し瀬戸大也と笑顔で健闘をたたえ合う萩野公介(左)(カメラ・竜田 卓)
萩野浮き沈み
萩野浮き沈み

◆競泳 日本選手権兼東京五輪代表選考会 第6日(8日、東京アクアティクスセンター)

 男子200メートル個人メドレー(派遣標準1分57秒98)は、不振から復活したリオ五輪400メートル個人メドレー金メダリスト・萩野公介(26)=ブリヂストン=が1分57秒43で2位となり、個人でも代表権を手に入れた。

 フォームもタイムも意識から排除し、萩野はがむしゃらに水をかいた。隣で競り合うのは、同学年のライバルの瀬戸大也だ。

 「2人で戦うのが楽しかった。最後は僕も力を出したし、大也も出してくれた。久しぶりにそういうレースができた。この種目で五輪を決めることができて、まずは良かったという気持ち」

 前日、クールダウンをしながら一緒に展開を予想した。「最後、フリー(自由形)で泥仕合になるんだろうね」と笑い合った。1年3か月ぶりの直接対決となった2月のジャパンオープンではかなわなかった、優勝争いを展開。「燃えすぎてしまって最初のバタフライ、ちょっと力んじゃった」。0秒02差の2位に敗れはしたが、悔しさよりもすがすがしさが上回った。

 5年前に世界の頂点を極めた天才は、リオ五輪後の右肘手術を機に低迷期に入った。豊富な練習量で精緻(せいち)に作り上げてきたフォームに少しずつズレが生じた。「防衛本能で肘を守ろうとして」どうしても手先が力む。「『水さん、俺の主張を聞いてくれ』と力任せに泳ぐみたいになって」。レースになると別人のように、ぎごちない泳ぎになった。

 19年3月、約5か月試合に出ず休養する道を選んだ。平井伯昌コーチは「俺はいつまでも待つから」と受け止めてくれた。中学時代から世界を旅することが夢だった。ドイツでは「嫌な自分」を紙に書いて捨ててきた。「強がる自分」「思っていることと真逆のことをわざと言ってしまう自分」…。占いは信じない。サプリメントのようなものにも頼らない。そんな男の小さくて大きな変化だった。

 800メートルリレーに加え、リオ五輪金メダルの400メートル個人メドレーを回避して勝負をかけた種目で本番に向かう。「これが今の萩野公介。背伸びしないで、これが自分の実力だと思って泳いでるので悔いはない」と言い切った。若さと勢いがあった12年ロンドン、絶頂期で迎えたリオ。「今の自分にしかできない泳ぎを見せたい」。3度目の五輪では、経験という相棒がいる。(高木 恵)

五輪代表に内定し瀬戸大也と笑顔で健闘をたたえ合う萩野公介(左)(カメラ・竜田 卓)
萩野浮き沈み
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請