【楽天】前回10失点の滝中が「最後だと思って」石井監督の起用に応え初勝利

7回無失点で抑えウイニングボールを手に笑顔の滝中瞭太
7回無失点で抑えウイニングボールを手に笑顔の滝中瞭太

◆パ・リーグ 西武0―4楽天(8日・メットライフ)

 楽天の滝中瞭太投手(26)が7回1安打無失点で今季初勝利を挙げた。6回先頭、若林に安打されるまでは完全投球だった。

 前回、1日のロッテ戦では2回途中10失点KO。それでも石井監督からの「ガラッと試合内容を変えることができる投手。安定感を評価している」と、信頼を受け今季2度目のマウンドで結果を残した。

 2年目の26歳は「連続して失敗はできない。最後だと思って思い切り腕を振った」と背水を覚悟で善良投球を見せた。

 石井監督は「気合が入っていて、フォームに力みもなく、リリースでしっかり力が伝わっていた。緩急も含めて彼らしい」と評価。代役を先発させることをせず、滝中を送り出し「彼はトータルで見て、チームに貢献してくれる選手。チームに勝つチャンスを与えてくれる投手」と、あらためて評価していた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請