【DeNA】ドラ2牧秀悟が一時勝ち越し3号2ラン「打った瞬間入ると思いました」

6回2死一塁、牧秀悟が左越えへ逆転の2ラン本塁打を放ち、ベンチ前で迎えられる
6回2死一塁、牧秀悟が左越えへ逆転の2ラン本塁打を放ち、ベンチ前で迎えられる

◆「JERAセ・リーグ公式戦」中日2―5DeNA(8日・バンテリンドームナゴヤ)

 DeNAのドラフト2位・牧秀悟内野手(22)=中大=が、1点を追う6回2死一塁で、中日先発松葉の初球107キロカーブを左翼席に運んだ。一時勝ち越しとなる3号2ランに「2アウトだったので、力むじゃないけど、1本甘いのが来たら強いスイングしようと決めていた。結果的にああいう感じになってよかった。打った瞬間入ると思いました。カーブは甘くなったらがっついていこうと思ったので、いい結果になってよかったです」と納得の表情を見せた。

 開幕から全12試合で3番でスタメン。この日も4打数2安打2打点で、全試合で出塁を記録している。5試合連続安打で、複数安打は早くも8度目。「前のバッターも、後ろのバッターにもいいバッターがいるので、安心して凡打でもいい気持ちで入れている」と謙遜しながらも、今やベイスターズ打線に欠かせない存在だ。

 チームは開幕4カード目にして初の勝ち越し。「いい形で打点やヒットを打てているので次のカードも同じように頑張って行きたい」と気を引き締め直した。9日からは同学年で同じルーキーの佐藤輝が所属する阪神との3連戦。「向こうもいいバッターですし、今は調子悪いかもしれないけど絶対打って来ると思うので、負けないように打っていきたいです」と決意を新たにしていた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請