【ロッテ】開幕5連敗→5連勝はならず 井口資仁監督は「最少失点で抑えていかないと」

交代を告げる井口資仁監督
交代を告げる井口資仁監督

◆オリックス5―1ロッテ(8日・ZOZOマリン)

 勝てば開幕5連敗を帳消しにする5連勝で勝率5割だったロッテだが、序盤でオリックスに主導権を握られ、そのまま押し切られた。

 4点を追う9回には2死満塁と最後の見せ場を作ったが、荻野貴司外野手(35)が中飛に倒れ試合終了。井口資仁監督(46)は「最後はいい形でつなげた」と打線の粘りを評価したが、オリックスの先発・山本を相手に序盤からリードを奪われる展開に「(山本は)いい投手だけに、最少失点でいかないと。序盤でああいう形になって、気持ちよく投げさせてしまった」と、渋い表情で敗戦を振り返った。

 3回までに5点を失った先発の本前郁也投手(23)について指揮官は「(プロ初勝利あげた)前回も真っすぐをカチンといかれてた。少し(状態が)落ちてきたかな。もう1回しっかり調整が必要かなと感じます」と、先発ローテから外して再調整させる考えを示した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請