【DeNA】ドラ2牧秀悟の3号2ランなどで今季初のカード勝ち越し 山崎康晃は2年ぶり勝利投手

6回2死一塁、牧秀悟が左越えへ逆転の2ラン本塁打を放つ
6回2死一塁、牧秀悟が左越えへ逆転の2ラン本塁打を放つ
6回2死一塁、牧秀悟が左越えへ逆転の2ラン本塁打を放ち、ベンチ前で迎えられる
6回2死一塁、牧秀悟が左越えへ逆転の2ラン本塁打を放ち、ベンチ前で迎えられる

◆「JERAセ・リーグ公式戦」中日2―5DeNA(8日・バンテリンドームナゴヤ)

 DeNAが9回に勝ち越して、今季初のカード勝ち越しを決めた。

 3月28日の巨人戦で右肘の張りを訴えて緊急降板し、出場選手登録を抹消されていた平良拳太郎投手(25)が先発。2回に先頭・平田に右中間への三塁打を浴び、続く木下拓のニゴロの間に先取点を献上したが、粘投を見せた。4回までは毎回得点圏に走者を背負ったが、失ったのは2回の1点だけ。5回は三者凡退で抑えて締めくくった。5回5安打で1失点。「序盤コントロールが定まらず、ランナーを背負うことが多かったですが、粘り強く投げることを意識しました。スライダー、シンカーを上手く使って徐々にリズムが掴めてきました。次回登板でも自分の投球が出来るよう準備したいと思います」と振り返った。

 5回まで中日先発左腕・松葉の緩急をつけた投球に苦戦し、得点を奪えずにいたが、頼れるルーキーが一振りで試合を動かした。0―1の6回1死一塁。牧が松葉の107キロカーブを左翼線に運び、一時逆転となる3号2ランを放った。この時点で打率4割4分、13打点でリーグ2冠に躍り出た。「リードされていたので後ろに繋ぐ気持ちで打席に向かいました。最高の結果となり嬉しいです」と笑顔を見せた。

 1点リードの6回裏に伊勢が福留に適時二塁打を浴びて同点に追いつかれた。7回は3番手・平田が高橋周、福田と2者連続でバットをへし折るなど力投を見せて無失点。8回も山崎が三者凡退で抑えた。

 同点の9回には柴田、佐野の安打で1死一、三塁の好機を作ると、宮崎の三塁手強襲の当たり(記録は失策)で勝ち越し。倉本が右前適時打、戸柱も右前適時打で続いた。終盤の集中力を見せて、山崎は19年以来、2年ぶりの白星となった。

試合詳細
6回2死一塁、牧秀悟が左越えへ逆転の2ラン本塁打を放つ
6回2死一塁、牧秀悟が左越えへ逆転の2ラン本塁打を放ち、ベンチ前で迎えられる
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請