大谷翔平、今季使用グラブに和のテイストを演出「球種が分からない安心感が大事」…“相棒”に迫る

大谷翔平の今季使用グラブ
大谷翔平の今季使用グラブ

 メジャー4年目を迎えたエンゼルス・大谷翔平投手は今シーズン、アドバイザリー契約を結ぶアシックスジャパンと意見交換の上、使用用具に改良を重ねている。“相棒”の秘密に迫った。

 【グラブ】

 大谷の歴史に残る活躍をサポートするギアという意味を込めて、伝説の鳥「フェニックス」をモチーフにした刻印を施している。

 また今年から「アンチック加工」をグラブ全体に施し、和のテイストを演出している。

 大谷は「今までにないデザインでとても気に入っています。なるべくボールが隠れる状態で、球種が分からない安心感が大事」とコメントしている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請