池江璃花子、「リレーチームを引っ張っていけたら」 東京五輪へ決意

優勝してリレー代表に内定、4位の大本里佳と抱き合って喜ぶ池江璃花子(左)
優勝してリレー代表に内定、4位の大本里佳と抱き合って喜ぶ池江璃花子(左)

◆競泳 日本選手権兼東京五輪代表選考会 第6日(8日、東京アクアティクスセンター)

 女子100メートル自由形(派遣標準53秒31)では、白血病を克服した池江璃花子(20)=ルネサンス=が53秒98で3年ぶりの優勝を果たして2冠を達成。個人としての突破はならなかったものの400メートルリレーの派遣標準54秒42を切り、400メートルメドレーリレーに続き2つ目の五輪代表権を手に入れた。

 準決勝のレース後、「この感じでいくと、(決勝は)53秒台は出る」と予告していた池江。宣言通りのタイムで、100メートルバタフライに続く優勝となった。

 ◆池江に聞く

 ―50メートル折り返しでは2位だった

 「正直、25秒後半で前半を折り返したかった。あんまり納得できるレースじゃなかったが、後半の粘りはできた。これから100メートルの泳ぎを強化していかないといけない」

 ―100メートルバタフライに続いて2冠

 「特にこの種目も優勝を狙っていなかった。4位入れるか、派遣を切れるか、そういう勝負になると思っていた。予選から速いタイムで泳いでたので、(決勝は)53秒8を目標にして、53秒9だったので、もう少しいきたかった」

 ―400メートルリレーは五輪でも初日に予選

 「初日の流れは日本チームとしても大事。楽しみながらさらに、リレーチームを引っ張っていけたらいいなと思う」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請