【神戸】採点&寸評…3戦連発の日本代表FW古橋が2試合連続のMOM

神戸の大分戦先発布陣
神戸の大分戦先発布陣

◆明治安田生命J1リーグ 第8節 神戸 1―0 大分(7日・ノエビアスタジアム神戸)

 日本代表FW古橋亨梧(26)の3試合連続ゴールが決勝点となり、神戸がホームで大分に1―0で勝利。今季初の3連勝を達成した。前半11分、元日本代表MF山口のクロスに対して相手GKの前にポジションを取ると、ゴールに背を向けた状態から頭で合わせてネットを揺らした。今季5得点目となる技ありの一撃に「(ゴールの位置は)この辺だろうと感覚で。うまく合わせられた」と納得の表情。チームは2017年4月以来4年ぶりとなる3位浮上を果たした。

 採点、寸評は以下の通り。

三浦淳寛監督【6・0】狙い通り先手を取って3連勝。読みが鋭かった

GK前川黛也【6・0】ピンチ少なくとも集中切らさず。コーチングも〇

DF菊池流帆【5・5】対人では圧倒。パス出しのリズムが良くなればなお良し

DF山川哲史【5・5】CBでも右SBでもそつなくこなせるのは大きい

DF小林友希【5・5】ビルドアップを狙われ苦戦。好フィード見せた場面も。

DF酒井高徳【6・0】豊富な運動量で攻守に貢献。後半3分に郷家に好クロス

DF初瀬亮【―】後半39分IN。時間短く採点なし

DF桜内渚【―】後半39分IN。時間短く採点なし

MFサンペール【6・0】キープ力と展開力は不可欠。守備での激しさも光る

MF山口蛍【6・5】古橋への絶妙クロスで先制点演出。中盤の守備でも君臨

MF中坂勇哉【5・5】ハードワークで相手の攻撃を停滞。攻撃で存在感見せられれば

MF井上潮音【6・0】酒井、山口とのパスワークが攻撃の起点となった

MF増山朝陽【5・5】後半15分IN。途中出場で自分の役割きっちり

FW郷家友太【6・0】FWでもボランチでも的確な動き。欲を言えば1点

FW古橋亨梧【7・0】苦しい時にチームを救う。文句なしで今回もMOM

FW藤本憲明【―】後半39分IN。時間短く採点なし

※平均点は5・5~6・0。MOMはマン・オブ・ザ・マッチ

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請