フィギュア国別対抗戦は終了時間繰り上げ 羽生結弦、紀平梨花ら出場

羽生結弦
羽生結弦

 フィギュアスケートの国別世界対抗戦(15~17日、大阪・丸善インテックアリーナ大阪)の主催者は8日までに、大阪府と大阪市の「まん延防止等重点措置」に基づき、15日と16日の競技スケジュールを変更した。

 各種目のスタート時間を早め、終了は15日の男子ショートプログラム(SP)は午後8時12分から同7時57分になり、16日の男子フリーは午後8時50分から同8時に変更になった。日本スケート連盟によると「自治体の規定に沿って対応した」。

 日本からは羽生結弦(26)=ANA=、宇野昌磨(23)=トヨタ自動車=、紀平梨花(18)=トヨタ自動車=、坂本花織(20)=シスメックス=らが出場する。

 大会は国際スケート連盟(ISU)が策定した対策ガイドラインに基づき、競技エリア、移動経路、宿泊場所を外部と区分するバブルシステムによって開催される。密接を避けるため、観客動員は座席数の50%に制限。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請