池江璃花子が2枚目の五輪切符かけきょう午後5時5分決勝…100M自由形

池江璃花子
池江璃花子

◆競泳 日本選手権兼東京五輪代表選考会 第6日(8日、東京アクアティクスセンター)

 白血病を克服して東京五輪400メートルメドレーリレー代表を決めている池江璃花子(20)=ルネサンス=が、2枚目の五輪切符をかけ、きょう午後5時5分に100メートル自由形の決勝に臨む。

 7日の予選では54秒30、準決勝では54秒36をマークし、2レース連続で400メートルリレーの派遣標準記録54秒42をクリア。優勝と個人の派遣標準記録53秒31の突破も視界に入っている。準決勝後には「100メートルはまだ先になると思ってたんですけど、2種目でしっかり奪還できるように頑張りたい。レースが楽しみということは、イコール自信がある」と、頼もしい言葉を口にしていた。

 この日の午前には各種目予選が行われ、男子100メートルバタフライ(派遣標準51秒70)では3つめの代表権獲得を狙う松元克央(24)=セントラルスポーツ=が52秒42で4位通過。全体トップは19年世界水泳代表の水沼尚輝(24)=新潟医療福祉大職=の51秒92だった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請