東海大静岡翔洋高の女子硬式野球部が始動…東海大系列高で初、部員29人

打撃力を磨き、日本一を目指す東海大静岡翔洋女子硬式野球部ナイン
打撃力を磨き、日本一を目指す東海大静岡翔洋女子硬式野球部ナイン
アップする東海大静岡翔洋ナイン
アップする東海大静岡翔洋ナイン

 今年創部した東海大静岡翔洋高の女子硬式野球部が7日、初練習を行った。女子硬式野球部は県内初で東海大系列でも第1号。昨年から同好会として活動していた2年生3人と1年生26人(県内16人、関東圏10人)の計29人で日本一を目指して動き出した。

 記念すべき初日は自己紹介から始まった。全員が名前や野球歴を話し、斉藤美咲主将(2年)が「みんなで頑張っていこう」とかけ声をかけて練習を開始した。ノックを中心に約2時間半のメニューを終えた弓桁義雄監督(57)は「個々の力はある。あとはチームプレーをどれだけしていけるか」と手応えを口にした。昨年まではわずか3人で練習。2年生唯一の野球経験者でエース候補の岡村妃菜投手は「ゲーム形式ができるのはうれしい。野球未経験の子にも技術を教えていきたい」と目を輝かせた。

 6日には学校で創部会見が行われた。指揮官は「(東海系列の)縦じまを着ている以上、打撃力を前面に押し出していきます。センバツ制覇の)東海大相模の上をいく、男女アベック日本一になりたい」と宣言した。全国高校女子硬式野球連盟に登録しており、今月末からは中部地域の8校を中心に発足されるセンターリーグにも参加する。10日には松本国際(長野)と初実戦を予定しており、弓桁監督は全選手を起用する方針だ。カーブが得意球という岡村は「チームみんなが守りやすい投球をしていきたい」と抱負を語った。伝統の縦じまに身を包む29人が、新たな歴史を刻んでいく。(武藤 瑞基)

打撃力を磨き、日本一を目指す東海大静岡翔洋女子硬式野球部ナイン
アップする東海大静岡翔洋ナイン
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請