岡田晴恵教授、大阪の感染急拡大で「学校で感染が広がらないか…家庭に持ち込まれないか心配」

岡田晴恵氏
岡田晴恵氏

 白鴎大学の岡田晴恵教授が8日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)にスタジオ生出演した。

 番組では、7日に大阪府で新たに878人が新型コロナウイルスに感染したことを報じた。重症者病床使用率も最大確保数224床中、入院患者158人で70・5%となり、感染状況の可視化の指針となる「大阪モデル」の赤信号ライン(70%)を突破。吉村洋文府知事は昨年12月3日以来、2度目の「医療非常事態宣言」を発出した。

 スタジオでは40歳未満の世代が直近2週間で急拡大していることを伝えた。岡田氏は「変異ウイルスの影響だと思うんです。ちょうど4月で今日から学校ですよね。学校で感染が広がらないか、それが家庭に持ち込まれないかが心配になっていきます」と解説した。

 また「特に大学生が対面の授業が増えています。そういう中で移動も多いし、久しぶりに会うので学生さんもはしゃいでしまうのでそういう中で、心配なところがあります」と指摘していた。その上で「ここで認識を新たにして気持ちを引き締めて新学期を迎えることが大事だと思います」と呼びかけていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請