元浦和MF赤星貴文が引退へ…欧州CL予備予選にも出場、昨年末までインドネシア1部アレマFCでプレー

スーツ姿でしっかりと決めた赤星
スーツ姿でしっかりと決めた赤星

 昨年末までインドネシア1部アレマFCでプレーしていたMF赤星貴文(34)=藤枝東高出=が引退することが7日、分かった。きょう8日にも本人のSNSで発表される予定だ。

 赤星は清水ジュニアユースで全国制覇を経験後、藤枝東高へ進学した。背番号10を背負い、全国選手権と全国総体に2度ずつ出場。世代別代表にも選ばれ、卒業後はJ1浦和に入団した。08年にJ2水戸、09年には当時J1の山形へ期限付き移籍した。当時JFLだった金沢に在籍していた10年にラトビア1部SKリエパーヤ・メタルルグスへ移籍。欧州CL予備予選にも出場した。

 その後もポーランド、ロシア、タイ、イラン、インドネシアのクラブに所属し、日本を含めると計7か国でプレーした。引退決断の理由を周囲には「やりきった」と話しているといい、今後はサッカー関連の仕事に従事する予定だという。

17年にプレーしたポーランド・MSKポゴニ・シェチェチン時代の赤星
17年にプレーしたポーランド・MSKポゴニ・シェチェチン時代の赤星

スーツ姿でしっかりと決めた赤星
17年にプレーしたポーランド・MSKポゴニ・シェチェチン時代の赤星
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請