【藤川球児の眼】巨人・畠世周、桜井俊貴ら若手は自分に合った投げ方を リリースポイントを前に

4回2死二、三塁、二塁への適時内安打を浴びた巨人先発・畠世周(右、左は三塁走者の佐藤輝明)
4回2死二、三塁、二塁への適時内安打を浴びた巨人先発・畠世周(右、左は三塁走者の佐藤輝明)

◆JERAセ・リーグ 阪神7―1巨人(7日・甲子園)

 巨人の投手はこの日登板していない選手を含め、総じてボールを前でリリースできていない傾向がある。先発の畠もそうだが、桜井が顕著。セットポジションの際に右腰あたりにグラブを置いて始動するので、右足に重心がかかり、投球時に左足を踏み込めていない。

 基本だが、投手は打者を詰まらせるべく、18・44メートルの距離をいかに縮めて投げられるかが重要。できるだけ前でボールをリリースすることを目指す。本来は体重移動をしながら、テイクバックを取ることで打者との距離が自然と狭まる。しかし、それができないと直球で差し込むことは難しく、空振りが奪いにくい。

 菅野も同じタイプのセットポジションだが、彼は投球の軸となるスライダーを効果的に操るため、後ろでボールを離して打者までの距離をつくり、曲げ幅を生んでいる。それは菅野が自身の長所を生かそうと行き着いたものだろう。

 仮に若手が菅野を参考にしているのなら、意図を理解して自分に合うのか考え直す必要がある。どの選手もフォームを大事にして成長しようとしている姿は見受けられ、ポテンシャルも高い。もう一度、原点に立ち返り、自然な動き、自分らしい投げ方を見いだし、力を発揮することが求められるのではないか。(スポーツ報知評論家)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請