【DeNA】今季ワースト12残塁3連勝ならず、三浦大輔監督「ミス減らして気を引き締める」 

6回攻撃終了後、投手交代を告げ、元気なくベンチに戻る三浦大輔監督(カメラ・岩崎 龍一)
6回攻撃終了後、投手交代を告げ、元気なくベンチに戻る三浦大輔監督(カメラ・岩崎 龍一)

◆JERAセ・リーグ 中日3―1DeNA(7日・バンテリンドーム)

 今季ワースト12残塁とあと1本が出ず、3連勝を逃した。

 2回に宮崎の失策で2点の先制点を献上。入江は5回3失点(自責1)と踏ん張ったが、投打がかみ合わずにプロ初勝利を逃した。だが、打線は3戦連続2ケタ安打でリーグトップのチーム打率2割7分8厘を誇っているとあって、三浦監督は「状態は悪くないのでミスを減らして気を引き締めてやっていきたい」と必死に前を向いていた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請