東京ディズニーリゾートに浦安市初のトンネル道路が8日に開通…全長は約500メートル、報道陣に初公開

完成したトンネル道路。背景に「東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル」が見える
完成したトンネル道路。背景に「東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル」が見える

 東京ディズニーリゾート(TDR)に浦安市初となるトンネル道路が8日に開通するのに先立ち、運営するオリエンタルランド(OLC)が7日に報道陣に公開した。このトンネル道路は、2023年度開業を目指して開発中の東京ディズニーシー(TDS)の新テーマポート「ファンタジースプリングス」の建設にともない19年5月から工事が進められ、ディズニーリゾートラインの「ベイサイド・ステーション」近くをモノレールと平行して敷設されている。東京ディズニーランド(TDL)・パーキングの退出ルートとして使用されるもので、トンネル部分は約330メートル、前後のアプローチ部分を含めた全長は約500メートル。道路は片側二車線で高さ4・7メートル、幅9・5メートル。

 トンネル道路の周囲では、TDSの新テーマポート「ファンタジースプリングス」の開発工事が進んでおり、トンネル道路入口正面からは、今年度中に開業予定のディズニー&ピクサー映画「トイ・ストーリー」シリーズをテーマにした国内5番目のディズニーホテル「東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル」が見える。

 担当したOLC第8テーマポート推進本部 第8テーマポート建設部の八重樫 勇人部長(49)は「通気、排水設備などゲストのみなさまの安全、安心に配慮しました」と話した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請