【巨人】畠世周が4回途中4失点…宮本コーチ「チャンスを生かさなかったらプロじゃない」

4回に降板しベンチで呆然とする畠世周
4回に降板しベンチで呆然とする畠世周

◆JERAセ・リーグ 阪神7―1巨人(7日・甲子園)

 今季初先発した巨人の畠世周投手(26)は、4回途中5安打4失点で今季初黒星を喫した。

 3回、先頭の近本をストレートで四球を与えたことに対し、宮本投手チーフコーチは「先頭バッターのフォアボールはピッチャーのエラー」と指摘した。

 また、「先発ローテーションをつかむチャンスの場を与えられたわけだから。チャンスを生かさないとプロじゃない。もう一度彼にはチャンスを与えますけど、成長した姿を見たい。それだけ期待している」と話した。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請