【神戸】日本代表FW古橋亨梧の3戦連発で4年ぶり3位浮上! ゴール決めれば公式戦10連勝

前半11分、先制ゴールを決める神戸・古橋亨梧(左から2人目)
前半11分、先制ゴールを決める神戸・古橋亨梧(左から2人目)

 ◆明治安田生命J1リーグ 第8節 神戸1―0大分(7日・ノエビアスタジアム神戸)

 日本代表FW古橋亨梧(26)の3試合連続ゴールが決勝点となり、神戸がホームで大分に1―0で勝利。今季初の3連勝を飾った。

 前半11分、元日本代表MF山口のクロスに対して相手GKの前にポジションを取ると、ゴールに背を向けた状態から頭で合わせてネットを揺らした。今季5得点目となる技ありの一撃に「(ゴールの位置は)この辺だろう、と感覚で。うまく合わせられた」と納得の表情を浮かべた。

 3月のW杯アジア2次予選モンゴル戦で2得点したストライカーが所属クラブでゴールを決めた公式戦は、昨年9月23日のリーグ戦・鳥栖戦から10連勝中。チームは貴重な先制点を最後まで守りきり、2017年4月以来4年ぶりとなる3位浮上を果たした。

 自らの得点が勝利に結びついていることに「正直すごくうれしい」と声を弾ませる一方、「1試合に2、3点取れる選手にならないといけない」と気を引き締めた古橋。右太もも手術からの復帰を目指す元スペイン代表MFイニエスタが不在の中、背番号11の頼もしさは試合を重ねるごとに増している。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請