【ヤクルト】今季本拠地初勝利 勝利を引き寄せた2つの犠打

嶋の犠打後の7回1死二塁、右前に勝ち越しの適時打を放つ山崎晃大朗
嶋の犠打後の7回1死二塁、右前に勝ち越しの適時打を放つ山崎晃大朗

◆「JERAセ・リーグ公式戦」ヤクルト3―2広島(7日・神宮)

 ヤクルトは逆転勝ちで接戦を制し、開幕からの本拠地・神宮球場での連敗を4で止めた。

 2つの“犠打”が勝利を大きく引き寄せた。まずは1点を追う6回だ。中村、村上の安打で1死一、三塁の好機を作ると、5番・荒木が初球の外角球を一塁前へセーフティースクイズを転がして同点に。7回は無死一塁で「ピンチバンター」として打席に立ったベテラン・嶋が初球に三塁前に送りバントを成功。次打者の山崎が「(嶋が)一発で決めてくれたおかげで僕も、しっかりと打席に入ることができた」と右前適時打を放ち、これが決勝点となった。

 開幕後、勝負所での犠打失敗に悩まされてきたヤクルトだが、この日は2つの犠打成功が勝利へと結び付いた。高津監督は、荒木のセーフティースクイズについて「荒木は決して目立ったプレーをするわけではないが、ああいう仕事はすごくきっちりできる選手。あまり失敗するイメージはなかった」と評価。7回の嶋の犠打にも「本人はすごい緊張していたけれどね。バントはチームで1、2番にうまい選手。自信を持って彼を行かせた」と、ベテランらしい堅実な働きをたたえた。

 指揮官が掲げてきた攻守に1点にこだわる野球で、本拠地での連敗をストップ。コロナ渦で青木、内川、川端らを欠く中、主力の離脱後は3勝2敗2分けと踏ん張っている。高津監督は「神宮で一つ勝てて良かったなと思う。それが正直なところ」と振り返りつつ、「競ったところで次の1点をどうやって防ぐか、次の1点をどうやって取っていくか、ずっと言ってきていること。それがすごくよくできた試合なのかな」とナインの働きをたたえた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請