【阪神】ドラフト1位・佐藤輝明が内野安打2本「変なヒットだったんで次はちゃんと打てるように」

4回、遊撃内野安打で出塁する佐藤輝明
4回、遊撃内野安打で出塁する佐藤輝明

◆JERAセ・リーグ 阪神7―1巨人(7日・甲子園)

 阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(22)がプロ初となるマルチヒットをマークした。4回先頭で近大の先輩、畠のカットボールをフルスイングしたが、こすったような打球が三遊間へ。遊撃内野安打で初の2試合連続安打とした。

 さらに5回にも桜井のチェンジアップにタイミングを外されたが、打球は三塁線に転がり、再び内野安打となった。「(畠との対戦は)あまり頭になかったというか、自分のことに集中していました。変なヒットだったんで、次はちゃんと打てるように頑張ります」とコメントした。

 ドラフト2位の伊藤将司投手(24)がプロ初勝利をマーク。「見ていて楽しいというか、安心していました。ナイスピッチングだと思います」と同期入団の左腕をたたえていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請