【阪神】2012年以来、9年ぶりの伝統の一戦2戦2勝発進 今季初の4連勝で早くも貯金5

5回無死一塁から2ランを放ったサンズ
5回無死一塁から2ランを放ったサンズ

◆JERAセ・リーグ 阪神―巨人(7日・甲子園)

 阪神が巨人を13安打7得点と圧倒し、昨季は開幕カードで3連敗した巨人相手に今季は連勝発進を飾った。伝統の一戦の2戦2勝スタートは2012年シーズン以来、9年ぶりとなった。

 両チーム無得点で迎えた3回無死一塁で糸原が11試合連続ヒットとなる右前安打でエンドランを成功させた。一、三塁から二盗を試みると、捕手・大城の悪送球を誘い、三塁走者の近本が先制のホームを踏んだ。

 4回には佐藤輝、梅野の連続ヒットと伊藤将の犠打で1死二、三塁。ここで近本、糸原の連続長短打で3点を加えた。さらに5回にはサンズの4号2ラン、6回には大山の適時二塁打で追加点を挙げた。

 投げてはドラフト2位左腕の伊藤将が7回を6安打1失点。球団新人の巨人戦初登板でのプロ初勝利は史上初となった。チームは今季初の4連勝で早くも貯金を5に伸ばした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請