【DeNA】守乱響き3連勝逃す ドラ1入江大生は好投も打線沈黙でプロ初勝利お預け

スポーツ報知
2回2死二、三塁のピンチで戸柱恭孝(右)のアドバイスに耳を傾ける入江大生

◆「JERAセ・リーグ公式戦」中日3―1DeNA(7日・バンテリンドームナゴヤ)

 DeNAが、守備のミスが響いて中日に敗れて3連勝を逃した。

 あまりにも痛すぎるミスだった。両軍無得点の2回2死二、三塁。根尾がはじき返したゴロは、三塁手・宮崎の正面だったが、一塁へまさかの悪送球で2人が生還し、2点の先取点を献上した。先発したドラフト1位・入江大生投手(22)=明大=は好投。1、3、4回は三者凡退で抑えて打線の援護を待った。

 だが、試合前の時点で12球団トップのチーム打率を誇った打線にあと1本が出なかった。5回までは毎回得点圏に走者を進めながらも無得点。入江は踏ん張っていたが、5回無死二塁で根尾に中前適時打を浴びて追加点を献上した。ツーシーム、スライダー、フォーク、カーブなど多彩な変化球を使って中日打線を翻弄したが、5回85球、3安打3失点(自責1)で降板。プロ初勝利を逃した。

 6、7回は2番手・三上がパーフェクトピッチングで流れを作り、ようやく得点を奪ったのは8回。宮崎、神里の連打などで2死二、三塁のチャンスを作ると、代打・嶺井が右前適時打を放って1点を返した。8回裏も石田が無失点で抑えたが、追いつくことは出来ず、入江は2敗目となった。

 

 ▽入江「前回登板より落ち着いて投げられましたが、四球から失点するなど攻撃のリズムを作れず野手の方々に申し訳ないです。投手有利なカウントで、慎重に投げられず打たれてしまったことが反省点です。次回登板では味方の攻撃にリズムを作れるような投球が出来るようにしたいです」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請