【日本ハム】伊藤大海が5回まで1失点の好投 ピンチで3者連続三振含む9奪三振

先発の伊藤大海
先発の伊藤大海

◆パ・リーグ 日本ハム―ソフトバンク(7日・札幌ドーム)

 日本ハムのドラフト1位・伊藤大海投手(23)=苫小牧駒大=が5回までに毎回の9奪三振。グラシアルに浴びた右越えソロの1点のみと好投。大田の逆転2ランで援護を受け、プロ初勝利に前進している。

 初回から伊藤はエンジン全開だった。先頭の周東を高めの149キロの直球で空振り三振。今宮を外角高めのスライダーでバットを振らせた。三塁手が一、二塁間に移動するシフトを敷いた柳田は93キロのカーブを打たせて、二ゴロ。3者凡退で立ち上がった。

 2回は先頭のグラシアルに146キロの直球を右翼席に運ばれた。2戦連続ソロ本塁打で先取点を献上。ここで崩れないのが伊藤の強み。栗原を膝元に食い込む131キロのスライダーで空振り三振。デスパイネは、外いっぱいの148キロで見逃し三振。追加点は許さなかった。

 3回は先頭の松田を137キロのカットボールで見逃し三振に奪い、3者凡退。4回は先頭の今宮を遊撃内野安打で出したが、続く柳田を1―6―3の併殺に片付ける。2死からグラシアルを外いっぱいのスライダーで見逃し三振。第1打席の借りを返した。

 1点のリードをもらった5回は試練だった。フルカウントから先頭の栗原に四球。デスパイネを併殺コースの三ゴロを野村が二塁悪送球。無死一、三塁のピンチを背負った。内野は同点やむなしの中間守備を取ったが、中村、松田、甲斐を圧巻の3者連続三振。プロ初勝利に向けて前進した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請