【巨人】今季初先発の畠世周は4回途中4失点で降板

4回2死二、三塁、二塁への適時内安打を浴びた巨人先発・畠世周
4回2死二、三塁、二塁への適時内安打を浴びた巨人先発・畠世周

◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神―巨人(7日・甲子園)

 巨人の畠世周投手(26)が7日、今季初先発した。

 0―0の3回無死一、三塁。一塁走者の糸原が盗塁を試み、キャッチャーの大城がすかさず二塁へ送球したがワンバウンドし悪送球。三塁走者が生還し先制点を献上した。1点ビハインドの4回2死二、三塁で近本のセカンドへの内野安打で追加点を献上。ここで畠はマウンドを降りた。

 2番手の大江が糸原に右中間への2点タイムリー二塁打を浴びた。

 先発の畠は4回途中66球5安打2四死球4失点(自責3)だった。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請