【聖火リレー】大阪府は万博記念公園内で2日間無観客開催の方針 組織委・武藤敏郎事務総長「リスクを極力抑制する」

武藤敏郎事務総長
武藤敏郎事務総長

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は7日、オンラインで会見。大阪府が新型コロナウイルス感染拡大を受けて「医療非常事態宣言」を発出し、不要不急の外出自粛を要請したことに伴い、13、14日の両日に大阪府内で実施を予定していた東京五輪聖火リレーの公道実施を取りやめることを発表。両日とも吹田市の万博記念公園内で希望者が走行することで調整に入った。武藤総長は「府の要請に沿って、公園内には観客を入れず、安全な環境を確保して準備を進めます」と明かした。

 大阪府では13日が堺市や東大阪市など9区間、14日は泉佐野市や大阪市など10区間でのリレーが予定され、200人近いランナーが参加する予定だった。武藤総長は、リレーの開催方式の変更について既に国際オリンピック委員会(IOC)にも報告、了承を得たといい「コロナという異常な状況の中で、どうしたらいいかを考えると、リスクを極力抑制するために違ったやり方をとるのも、安心安全な聖火リレーを実施するために必要なことだと思う」と強調した。

 なお、大阪で聖火リレーの運営に携わったスタッフ全員に対してもPCR検査を実施し、今後の運営に支障がないように対応する方針。リレー実施概要については、詳細を詰めて近日中に改めて発表する方針だ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請