河内長野、和歌山御坊に競り勝ち初戦突破!…第24回大阪阪南大会

勝利を飾り喜ぶ河内長野ナイン
勝利を飾り喜ぶ河内長野ナイン

◆第24回大阪阪南大会 ◇中学生の部 ▽決勝 河内長野ボーイズ4ー3和歌山御坊ボーイズ(3日・みなと堺グリーンひろば硬式野球場ほか)

 「第24回大阪阪南大会」が3日、開幕した。ホストチーム勢は、河内長野ボーイズ(大阪阪南支部)が、昨年の関西秋季大会4強の和歌山御坊ボーイズ(和歌山県支部)に競り勝ち、初戦を突破した。

 勝利の瞬間は、突然やってきた。1点リードの7回の守備。1死二、三塁の危機で、相手打者はスクイズを敢行した。小飛球となった打球に一塁手・森が猛然と飛び込む。ダイビングキャッチし、冷静に三塁へ送球。飛び出した三塁走者は戻れず、併殺となり試合終了となった。「イチかバチかで、思い切って突っ込んだ。最後にいいプレーができた」と殊勲の森。激戦を制した河内長野ナインの歓喜の輪が広がった。

 強敵相手のホスト大会初戦。打撃陣も魅せた。0―0の3回だ。1死二、三塁で4番の松本が「先制したら勝てると思ったので、流れを持ってきたかった」と中前へ先制の2点打。相手ミスで1点を加えたあと、なおも2死二塁から、矢倉が右越えへ適時三塁打を放った。その7番打者は、右翼の守備でも4回に右翼ゴロを2度完成させるなど、守備でも貢献し「一塁手が捕ってくれると信じ思い切り投げた。みんなが一丸となった結果です!」と笑った。

 昨夏に前代表の蔵園潤一郎さんが急死。ナインは、前代表が入部に関わった最後の選手となる。「代表さんが亡くなってから、野球を楽しむチームから努力して勝つチームに変わった」と上田中主将。関西秋季大会4強相手の勝利は、その努力のたまものと言えるだろう。劇的勝利を見守った作山監督も「(蔵園さんは)この子らの成長を楽しみにしていた。今日は天国で喜んでくれているでしょう」と感無量の表情だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請