【MLB】レンジャーズ今季本拠地初戦、観客数制限せず人、人、人

観客数を制限せずに主催試合を行ったレンジャーズの本拠地グローブライフ・フィールド(ロイター)
観客数を制限せずに主催試合を行ったレンジャーズの本拠地グローブライフ・フィールド(ロイター)

 有原航平投手(28)が所属するレンジャーズは5日、米テキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールドでの今季本拠地初戦・ブルージェイズ戦を、観客数を制限せずに開催した。新型コロナウイルス感染が拡大した昨春以降、北米プロスポーツでの観客無制限は初めて。世界中のスポーツイベントでも極めて異例だ。

 開閉式スタジアムの定員は4万300人。この日はチケットが完売していたが、満員には約2000人届かず3万8238人が集まった。試合前の選手紹介では大きな声援が送られ、本塁打のボールにファンが群がるなど日常の光景が戻った。同州は比較的感染者が少なくワクチン接種も進んでいるが、マスクを着用していない観客も少なくなかった。レンジャーズのウッドワード監督は「試合前からエネルギーを感じた」と語ったが、試合は6―2でブルージェイズが圧勝。バイデン米大統領は、感染拡大を懸念するコメントを発表していた。

 大リーグは昨季、レギュラーシーズンは無観客開催。ワールドシリーズなどポストシーズンの一部で制限付きで観客動員し、今季もレンジャーズ以外の球団では上限を設けている。

 ◆MLB以外の米4大スポーツの集客

 ▽NFL(アメリカンフットボール) 20年シーズンは本拠地を置く州の判断で無観客試合や入場制限試合を実施。2月のスーパーボウルはリーグが招待したワクチン接種済みの医療従事者7500人を含む2万5000人を上限に実施。9月開幕の今季は全試合でのフル動員を目標に掲げる。

 ▽NBA(バスケットボール) 昨年12月に開幕し、本拠地を置く州の判断で無観客試合や入場制限試合を実施。2月にはニューヨークでのプロスポーツ観客入場が解禁され、ニックスが2000人を集めた。3月のオールスターは無観客で実施。

 ▽NHL(アイスホッケー) レギュラーシーズンを82試合制から56試合制に減らし、当面ほとんど無観客とする形で1月に開幕。現在は多くのチームが入場制限試合を行っている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請