【DeNA】牧秀悟が止まらない両リーグトップ11打点、球団通算8000号

スポーツ報知
9回2死、左越えに2号ソロを放つ牧

◆JERAセ・リーグ 中日3―7DeNA(6日・バンテリンドーム)

 試合を決めたのは、頼れるルーキーのバットだった。3点リードの9回。牧は鈴木の高めの147キロを気持ちよく振り抜いた。ライナー性の打球は左翼席に飛び込み、ダメ押しの2号ソロとなった。球団通算8000号のメモリアルアーチに「本当ですか。ビックリです。名誉なことなのでうれしいです。チームのために1本でも多く打ちたいです」と目を丸くした。チームの昨季から続くバンテリンDでの連敗も「11」で止めた。

 マルチ安打をマークし、10試合で6度目の複数安打と打ちまくっている。打率は4割5厘。11打点は両リーグトップ。チーム内では堂々の3冠王だ。22歳の新人ながらふてぶてしさ、風格も漂うが、それだけ野球となじむのも早かった。1歳6か月頃から新聞紙を丸めたボールが大好きだった。しゃべるより先に野球を始めたと言っても過言ではない。

 開幕から全10試合で3番に座る牧の活躍に三浦監督も「開幕からずっと状態がいい。本当に日々進化しているし、打席ごとに進化している」と目を細めた。チームは開幕から8戦勝ちなし6連敗と苦しんだが、2連勝と波に乗ってきた。(安藤 宏太)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請