【DeNA】ドラ2牧秀後が球団通算8000号で12球団トップ11打点! チーム三冠王「ビックリです。名誉なこと」

ドラ2牧秀後が球団通算8000号で12球団トップ11打点
ドラ2牧秀後が球団通算8000号で12球団トップ11打点

◆「JERAセ・リーグ公式戦」中日3―7DeNA(6日・バンテリンドーム)

 DeNAのドラフト2位・牧秀悟内野手(22)=中大=が、3点リードの9回に2号ソロを放った。試合を決めるダメ押しの一発は、球団通算8000号のメモリアルアーチ。「本当ですか。ビックリです。名誉なことなので嬉しいです。チームのために1本でも多く打ちたいです」と目を丸くした。

 2点リードで迎えた9回。先頭の代打・関根が右翼線への二塁打で出塁すると、桑原の犠打で1死三塁とチャンスを広げ、柴田の中犠飛で1点を追加した。2死走者なしとなったが、「柴田さんがランナーを還してくれていたので楽な気持ちで打席に立てました。手応えは良かったです」と集中を切らさなかった。1ボールから鈴木の高め147キロを振り抜き、左翼席に運んで見せた。

 打率は堂々の4割5厘。打点は両リーグトップの11になった。2本塁打も放っており、チーム内では三冠王だ。ソト、オースティンが不在で、一時は破壊力半減かと心配された“和シンガン打線”だが、期待のルーキーが躍動。三浦監督も「開幕からずっと状態がいい。本当に日々進化しているし、打席ごとに進化している」と目を細めていた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請