【広島】森下暢仁、セ完封一番乗り「いかせてください、と言ったので…」9回のピンチしのぐ

森下暢仁
森下暢仁

◆JERAセ・リーグ ヤクルト0―2広島(6日・神宮)

 広島の森下暢仁投手(23)が6安打無失点で、昨年8月14日の阪神戦(京セラD)以来自身2度目で、今季セ・リーグ一番乗りの完封勝利を挙げた。

 2点リードの9回、先頭の山田哲に左翼線を破る二塁打を浴びたが、4番・村上を一ゴロ、続く塩見をこの日最速の152キロの内角直球で見逃し三振に仕留めると、代打・元山を二ゴロに打ち取った。

 右腕は「『9回いかせてください』と言っていかせてもらったので、点を取られる訳にはいかなかった。抑えることができてよかった」と胸をなで下ろした。

 この日は明大時代の同学年が観戦に訪れ、より力のこもった投球になった。「大学からの積み重ねができている。いろんな人が自分を作ってくれた。勝つことでいろんな人が見てくれる。勝つことを意識して投げたい」と熱い思いを口にした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請