【DeNA】先発の大貫晋一が6回途中3失点で今季初勝利投手の権利

スポーツ報知
先発の大貫晋一が6回途中3失点で今季初勝利投手の権利

◆「JERAセ・リーグ公式戦」中日―DeNA(6日・バンテリンドーム)

 先発したDeNA・大貫晋一投手(27)が、6回途中で109球を投げ、6安打3失点で、勝利投手の権利を持って降板した。

 5回までは文句の付け所のない投球だった。初回は1死から阿部に右翼線へ二塁打を浴びるも後続を抑えて無失点。2、3回は1人の走者も出さず、4回は1死一塁でビシエドを二併打に打ち取った。5回までは三塁すら踏ませなかった。神里が満塁本塁打を放ち、迎えた6回。2死は簡単に奪ったが、大島、阿部、高橋周、ビシエドに4連打を浴びて3失点。5―3と2点リードの2死一塁でマウンドを2番手・伊勢に譲り、後続を抑えた。

 今季初登板だった前回登板の3月30日ヤクルト戦(横浜)では7回118球、5安打1失点と好投した大貫。チームは開幕から8戦勝ちなし6連敗だったが、4日の広島戦(横浜)で初勝利を挙げた。バンテリンDでは昨年7月15日から11連敗中だが「ひとつ勝ってチームもここから勢いに乗ると思うので、その勢いに自分も乗っていいピッチングが出来るように、連勝できるように頑張りたい」と意気込みを口にしていてた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請