【DeNA】番長采配ズバリ! 神里和毅がプロ初満塁弾! 2戦連続本塁打で難敵大野雄大KO

6回2死満塁、神里和毅が右越えへ満塁本塁打を放つ
6回2死満塁、神里和毅が右越えへ満塁本塁打を放つ

◆「JERAセ・リーグ公式戦」中日―DeNA(6日・バンテリンドーム)

 DeNA・神里和毅外野手(27)が、プロ初の満塁本塁打を放った。1点リードの6回2死満塁で、大野雄の134キロを右翼席に運んだ。神里は「打ったのはツーシームです。チャンスだったので積極的にいきました。大貫が頑張っていたので1点でも多く援護したいと思っていました。最高の結果となって良かったです」と満面の笑みを見せた。

 三浦大輔監督(47)の起用に応えた。4日の広島戦(横浜)では、「1番・中堅」で今季初先発した神里。3回に先制ソロを放ち、チームを開幕9戦目での初勝利に導いた。この日は「6番・右翼」で2試合連続先発。1、2打席目は凡退したが、3打席目に最高の結果を残した。

 バンテリンD(昨季までの名称はナゴヤD)では昨季から11連敗中。特に大野雄とは3度対戦して2度の完封勝利を許すなど、25イニングで1点も奪うことが出来なかった。だがこの日は、3回に桑原の右前適時打で先取点を奪い、6回に神里が満弾。6回で5点を奪って、大野雄をKOした。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請