佐藤翔馬、全体3位で決勝へ 激戦の200メートル平泳ぎ代表権「もちろん1番で取りたい」

男子200m平泳ぎ準決勝で、全体3位で決勝に進んだ佐藤翔馬(カメラ・竜田 卓)
男子200m平泳ぎ準決勝で、全体3位で決勝に進んだ佐藤翔馬(カメラ・竜田 卓)

◆競泳 日本選手権兼東京五輪代表選考会 第4日(6日、東京アクアティクスセンター)

 男子200メートル平泳ぎ準決勝第2組で、佐藤翔馬(東京SC)は2分9秒18で2着、全体3位で決勝に進んだ。同組1位は無良竜也(BWS)で自己ベストの2分8秒8をマークし、全体1位だった。渡辺一平(トヨタ自動車)は、第1組1着の2分8秒14で決勝進出を決めた。

 男子200メートル決勝は7日に行われる。注目は日本記録保持者・渡辺VS佐藤。佐藤は2月に自己ベスト2分6秒74をマークし、今最も勢いに乗っている。準決勝はラスト50メートルで失速し、無良に抜かれたが、「100メートルでちょっと疲れがきた。明日はちゃんと修正して、臨めればと思います」と話した。

 ライバル・渡辺の準決勝の泳ぎもしっかりチェックし「調子いいんじゃないですかね、向こうも。ラスト50メートルで競る形になると思う。僕は多分前にいってるんで、後ろを気にしないで泳ぎたいなと思います。もちろん1番で(五輪代表権を)取りたいです」と意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請