奨励会退会の西山朋佳女王が女流棋士デビュー戦を飾れず マイナビ女子オープン第1局

スポーツ報知
女流棋士としての第一歩を刻んだ西山朋佳女王

 将棋の第14期マイナビ女子オープン五番勝負第1局・西山朋佳女王(25)=女流王座、女流王将=対伊藤沙恵女流三段(27)戦が6日、神奈川県秦野市の旅館「陣屋」で行われ、後手の挑戦者・伊藤女流三段が152手で勝ち、初タイトル獲得に向けて好スタートを切った。

 今月1日付で棋士養成機関「奨励会」を退会し、女流棋士に転向した西山にとって、女流棋士としてのデビュー戦。いきなりタイトル戦の大舞台となった初陣は形勢不明の終盤戦が続く激闘となったが、先に一分将棋に突入した伊藤の粘り強い指し回しに屈した。

 局後、8度目のタイトル挑戦で悲願の初獲得を目指している伊藤は「一手一手考える将棋でした。(形勢は)難しいと思っていました。どうなっていたのか分かりません」と振り返りながら、第2局に向け「気を引き締めて頑張りたい」と抱負を述べた。

 4連覇を狙う西山は「流れが来た局面もあったような気がしますけど、苦しい局面が多かったです」と語り、次局に向け「わりと近い(21日)ので、変わらず頑張れたらと思います」と淡々と話していた。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請