“お騒がせFW”元ブラジル代表エジムンド、コロナ禍の50歳誕生パーティーに警察介入

東京V時代のエジムンド
東京V時代のエジムンド

 元ブラジル代表FWで2001年から03年にかけてJリーグの東京V、浦和でもプレーしたエジムンドが4月2日午後、リオ郊外の自宅で50歳の誕生パーティーを開いたが、警察の介入によって中止させられていたことが分かった。ブラジルの電子メディア「テーラ」が5日に報じた。

 ブラジルでは新型コロナウイルス感染により30万人を超える死者が出ており、リオでは個人の主催であっても各種イベントが禁止されていた。禁止令を無視してエジムンドが開いたパーティーには友人ら50人以上が参加し、バンドが生演奏をして大騒ぎ。近所の人が騒音に耐え切れず、警察に通報したという。

 エジムンドは現役時代、高い技術と抜群の決定力を持つ一方、けんかっ早く気まぐれな性格で知られ「アニマル(野獣)」と呼ばれた。現役を引退し、50歳になっても“お騒がせ”は相変わらずだ。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請