【C大阪】新たに関係者1人がコロナ陽性…濃厚接触疑いのクルピ監督は横浜FM戦不在

 C大阪は6日、トップチーム関係者1人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表。Jリーグ独自の基準により関係者2人が濃厚接触疑いとされ、うち1人がクルピ監督(68)であることも明かした。この日午後7時からの横浜FM戦(日産ス)は同関係者1人と濃厚接触疑いの2人を除いて開催されるが、クルピ監督に代わり小菊昭雄コーチ(45)が指揮を執る。

 クラブは5日にトップチーム選手1人とトップチーム関係者1人に陽性判定が出たことを発表。2人と濃厚接触疑いとされた3選手を除く選手・スタッフは同日夜に横浜へと移動したが、6日朝にPCR検査を実施したところトップチーム関係者1人が陽性と判定された。同関係者は現在、体調不良や発熱などの症状を訴えてはいないという。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請