国際水連が飛び込みなど東京五輪予選3大会の中止発表 日本国内で開催予定

 国際水泳連盟(FINA)は6日、日本で予定されていた、飛び込みで五輪予選を兼ねたワールドカップ東京大会(18~23日、東京アクアティクスセンター)、アーティスティックスイミング(AS)の五輪予選(5月1~4日、同)、オープンウォーターの五輪予選(5月29、30日、福岡)の3大会の中止を、同連盟のホームページで発表した。代替日程や開催については明らかにされていない。

 これらの大会を巡ってはFINAが日本側のコロナ対策の費用負担、大会前の隔離措置などに不満があり「開催に向けて、必要な措置を取らなかった」と批判。1日に各国・地域にメールで中止の意向を通達していた。飛び込みとASは東京五輪開催に向けたテストイベントの中で、海外の選手を迎えて実施する、より本番に近い形での大会だっただけに、大会準備に向けては大きな痛手となりそうだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請