【なでしこ】最年少18歳木下桃香、サバイバル勝ち抜きへ闘志 8、11日国際親善試合へ始動

なでしこジャパンの高倉監督
なでしこジャパンの高倉監督

 国際親善試合のパラグアイ戦(8日・ユアスタ)、パナマ戦(11日・国立)に挑むなでしこジャパンは4日、宮城県内で活動をスタート。招集25人のうち、最年少18歳のMF木下桃香(日テレ)が5日、オンライン取材に応じた。

 日テレ下部組織で10番を背負い、世代別代表にも選出されてきた。3月の鹿児島での候補合宿がなでしこ初招集。そこで「少し人ごとというか、入っていける場所って気持ちはなかった」という東京五輪が、目指すべき存在になった。「チャンスがあるなら滑り込んででも入っていきたい」とサバイバルへ闘志を燃やした。

 「一番下の選手が誰よりも頑張って良いプレーをすることで危機感を与えれば、チーム全体のレベルが上がる」と頼もしい。今春から大学生になったフレッシュな戦力が、再び世界の頂点を目指すなでしこのカンフル剤となる。(小口 瑞乃)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請