藤田朋子、橋田壽賀子さんを悼む「ご病気のことも存じ上げずにいました。信じられません。先生 またお会いしたかったです」

藤田朋子
藤田朋子

 NHK連続テレビ小説「おしん」やTBS系「渡る世間は鬼ばかり」など、数々のヒットドラマを手がけた脚本家の橋田壽賀子(はしだ・すがこ、本名・岩崎壽賀子=いわさき・すがこ)さんが4日午前9時13分、急性リンパ腫のため死去したことを受け、「渡る―」に出演していた女優の藤田朋子(55)が、追悼のコメントを寄せた。藤田は、岡倉家の五女・長子を演じていた。

以下コメント全文。

「突然のことすぎて言葉が見つかりません。

毎年、お誕生日に笑顔で挨拶させて頂きましたが、去年は、お目にかかれず、今年は5月にお会いできるのかなと心待ちにしていました。

ご病気のことも存じ上げずにいました。

信じられません。

先生

またお会いしたかったです。

寂しいです。

どうしようという気持ちです。」

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請