IWGP世界ヘビー新王者・オスプレイ、5・4福岡で鷹木信悟と初防衛戦、勝者が5・29東京Dでオカダ・カズチカ戦…新日・日程発表

4日の試合後、リング上でにらみ合った(左から)オカダ・カズチカ、鷹木信悟、ウィル・オスプレイ(新日本プロレス提供)
4日の試合後、リング上でにらみ合った(左から)オカダ・カズチカ、鷹木信悟、ウィル・オスプレイ(新日本プロレス提供)

 新日本プロレスは5日、今後のビッグマッチの主な日程を発表した。

 4日の東京・両国大会で王者・飯伏幸太(38)を撃破し、IWGP世界ヘビー級王座を奪取したウィル・オスプレイ(27)が5月4日、福岡国際センターでの「レスリングどんたく2021」大会のメインイベントで鷹木信悟(38)と初防衛をかけ激突。3月の春のシングル最強決定トーナメント「ニュージャパンカップ」決勝の再戦で鷹木返り討ちを狙う。

 さらに勝者が5月29日の東京ドーム大会「WRESTLE GRAND SLAM in TOKYO DOME」でオカダ・カズチカ(33)の挑戦を受けることも決まった。

 5・4のセミファイナルでは、左ひざ前十字靱帯(じんたい)断裂の重症から完全復活し、4日の両国大会で盟友・SHO(31)との「ロッポンギ3K」組でエル・デスペラード、金丸義信(44)組を下し、IWGPジュニアタッグ王座を奪還したYOH(32)がシングルとの2冠を目指し、IWGPジュニアヘビー級王者・デスペラードに挑戦する。

 また、5月3日の福岡大会では王者・棚橋弘至(44)がジェイ・ホワイト(28)の挑戦を受けるNEVER無差別級王座戦が行われる。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請